更新情報

【更新情報】レディ・グレゴリー『神々と戦士たち』「モイ・ティラの大戦」と「ルーの秘密の館」

Web サイト影青書房にレディ・グレゴリーによるアイルランド神話の再話『神々と戦士たち』の二巻第三章「モイ・ティラの大戦」と四章「ルーの秘密の館」の翻訳を追加しました。
 
長手のルー率いるトゥアハ・デ・ダナン族と邪眼のバロール率いるフォモール族の決戦から、モイ・ティラの大戦後のルーの消息。

白眉はやはりモイ・ティラの大戦での激しい戦いの描写。どことなくホメロスの『イーリアス』を思わせるようなところもあります。

| | トラックバック (0)

【更新情報】レディ・グレゴリー『神々と戦士たち』「トゥレンの息子たち」

Web サイトにレディ・グレゴリーによるアイルランド神話の再話『神々と戦士たち』の二巻第二章「トゥレンの息子たち」の翻訳を追加しました。
〈長手のルー〉の父キアンを殺した罪の償いに難題を課せられたトゥレンの三人の息子たちの物語。

このトゥレンの息子たちの物語は、白鳥に変えられたリールの子供たちの物語、悲しみのディアドラの物語と合わせてケルト三大悲話と呼ばれています。

Myles Dillonの『Early Irish Literature』によれば、トゥアハ・デ・ダナン(Tuatha De Danann)と呼ばれる一族のうち、本来De Danannと称されたのは、ブリアン、イウハル、イウハルバのトゥレンの三兄弟であり、それがどういうわけか他をも含むようになったという説があるそうです。また、トゥアハ・デ・ダナンは、魔法に長けた人々ではあっても、いわゆる信仰の対象としての「神」とは描かれていないけれど、この三兄弟については「三柱の神」と記されているとも。

ひょっとすると、トゥレンの息子たちは古い古い民族の神で、かれらの物語には、古い民族の神が新しくやってきた民族の神によって追放されたといった経緯が反映されているのかもしれない、などとも想像をかきたてられます。

| | トラックバック (0)

【更新情報】P.W.ジョイス「マールドゥーンの航海」

Web サイトにP.W.ジョイスの中篇「マールドゥーンの航海」の翻訳を追加しました。
父の仇を求めて西の海をさまよう英雄マールドゥーンが訪れた奇想天外な島々の物語。

アイルランドの神話・伝説は、テーマや扱っている人物群によっていくつかに分類され、「神話サイクル」、「アルスター サイクル」などと呼ばれていますが、なかに「航海譚(イムラウ)」と呼ばれる、文字通り主人公が何らかの理由で航海に出かけ、さまざまな不思議な島を巡るという型があり、「マールドゥーンの航海」はその一つです。

この物語の成立は8世紀に遡るとされています。すでに異教の時代ではなく、物語にも聖者・隠者・海の巡礼など、キリスト教の要素が表れていますが、同時にドルイドや海の彼方の常若の島といったキリスト教以前からのモチーフも混じりあっています。

仇討ちの旅という全体の枠のなかで、奇怪な獣や巨人などの緊張と、美しい乙女の歓待などの弛緩というパターンを繰り返し、予言の成就と和解にいたるという構成はなかなか巧みに思われます。一度出てきた島のエピソードが、後の別の島でより展開された形で繰り返されたり、旅の最初ではあまり人間が出てこないが、後になるといかにも人間らしい人間が出てきて主人公たちと関わるようになるというパターンも読み取れるように思います。

アイルランド語の写本から英語に物語を翻訳した著者のP.W.ジョイスは、マールドゥーンの出生にまつわるエピソードなど、道徳的に表現をやわらげたとおぼしき点もあり、全体として英雄マールドゥーンの高潔さが際立っているように思います。

邦訳として、「ユリイカ臨時増刊号―総特集:死者の書」のアード・フィン原詩、ケイトリン・マシューズ英訳、安野玲 訳「マルドゥーンの航海――ケルトの死者の書から」、および中央大学人文科学研究所編『ケルト―生と死の変容』所収の松村賢一「冒険と航海の物語」のあらすじ紹介を参照し、固有名詞の表記等参考にさせていただきました。ただし、この二つとジョイスの版では、おそらく元にしている写本自体の違いと、アイルランド語の原文の解釈の違いによるのだと思いますが、エピソードの順序や細部が異なっているところがあるようです。

| | トラックバック (0)

【更新情報】フィオナ・マクラウド「愚者」

Web サイトにフィオナ・マクラウドの短編「愚者」の翻訳を追加しました。

Under the Dark Star シリーズ最終作となります。
二人のアラスターの邂逅と癒しの奇跡。

| | トラックバック (0)

【更新情報】フィオナ・マクラウド「誇り高きアラスター」

Web サイトにフィオナ・マクラウドの短編「誇り高きアラスター」の翻訳を追加しました。

Under the Dark Star シリーズ5作目。グルームは次なる標的として兄と同じ名の誇り高き男を選ぶ。
このアラスターは七兄弟の長兄とは別人です。いいとばっちりでお気の毒……。
邪悪を象徴する登場人物グルームですが、行動の動機は優れた立派なものへの妬みであり、物理的な攻撃よりは心理的な攻撃を本領とするというのがよくわかります。

| | トラックバック (0)

【更新情報】フィオナ・マクラウド「黒い瞳のエーニャ」

Web サイトにフィオナ・マクラウドの短編「黒い瞳のエーニャ」の翻訳を追加しました。

いにしえの〈琴弾き〉イー王と黒い瞳のエーニャの物語

これまでに公開したマクラウドの「昏い星の下に」シリーズの作品は、作者の同時代か少し前くらいの話ですが、この「黒い瞳のエーニャ」は、ずっと古い伝説の時代を扱っています。
そのためか、松村みね子訳『かなしき女王』に収められた、やはり神話や伝説を題材とした物語群とも通ずる雰囲気を持っているように思います。

| | トラックバック (0)

【更新情報】フィオナ・マクラウド「昏い星の子ら」

Web サイトにフィオナ・マクラウドの短編「昏い星の子ら」の翻訳を追加しました。

Under the Dark Star シリーズ四作目。反目する兄弟の束の間の再会

シリーズ前半と後半の橋渡し的な作品。前半とは矛盾する箇所もあり、またこの作品でほのめかされている出来事のすべてが後半に盛り込まれているわけでもないのですが、作者の構想の広がりや深まりがここに垣間見られるように思います。

また本作品を含めマクラウドの作品についてはHTMLに加えPDF版も追加しました。「翻訳」ページから参照できます。他のものもおいおいPDF化する予定。

| | トラックバック (0)

【更新情報】フィオナ・マクラウド「緑の枝」

Web サイトにフィオナ・マクラウドの短編「緑の枝 」の翻訳を追加しました。

Under the Dark Star シリーズ三作目。邪悪なグルームはついに血をわけた弟に魔の手をのばし、湖の畔で忍び逢う恋人たちに災いが迫る。

アハナ兄弟の末子の名前は、ときによって英語のジェイムズだったり、ゲール語のシェイマスだったり一致していませんが、ここではすべてシェイマスに統一しました。

また、この機に前作「ダーン・ナン・ローン」および前々作「選ばれし者」も、固有名詞の表記などを少し変更しました。

| | トラックバック (0)

【更新情報】AE「森の巫女」

Web サイトに AE の短編「森の巫女」の翻訳を追加しました。

恐怖で人々を支配する巫女と、人間の命の輝きを歌う詩人。
人間の精神性に対する理想主義的な考えの表明という面もありますが、それよりは素朴な物語詩のような哀切さが印象に残ります。

| | トラックバック (0)

【更新情報】フィオナ・マクラウド「ダーン・ナン・ローン」

Web サイトにフィオナ・マクラウドの「ダーン・ナン・ローン」の翻訳を追加しました。
前に載せた「選ばれし者」の続編で、七兄弟の下の三人が出ています。

「ダーン・ナン・ローン」とは、「あざらしの歌」の意。
マクラウドらしい死と狂気に満ちた物語。海の情景が美しいです。

| | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

ご挨拶 | 後書き | 更新情報