« 【更新情報】フィオナ・マクラウド「愚者」 | トップページ | 【更新情報】P.W.ジョイス「マールドゥーンの航海」 »

The Haughty Father

フィオナ・マクラウドのエッセイによれば、高慢なる父 (Athair  Uaibhreach) はゲール語でサタンを指す言い方であるとか。

『誇り高き父は、誇り高く花々しい天使、「悪の父」サタン』とマクラウドのエッセイを紹介して片山広子 (松村みね子) は書いています。(『燈火節』所収 「蝙蝠の歴史」)

また「神の兄」とも呼ばれ、かつてこの世を支配する神だったが太陽の子 (Mac Greinne、アイルランド神話の王の一人の呼び名だが、この場合それを指しているのかどうか?) に西の海の下と北の果ての二つの都に放逐されたという伝説を聞いたことがあるともマクラウドは書いています。(Fiona Macleod "The Hill-Tarn")

|

« 【更新情報】フィオナ・マクラウド「愚者」 | トップページ | 【更新情報】P.W.ジョイス「マールドゥーンの航海」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540111/48699487

この記事へのトラックバック一覧です: The Haughty Father:

« 【更新情報】フィオナ・マクラウド「愚者」 | トップページ | 【更新情報】P.W.ジョイス「マールドゥーンの航海」 »